女性

レーザー治療という施術|ニキビ跡を撃退!

ストレスも原因の一つ

困るウーマン

暑くもないのに多くの汗をかく人は多汗症の可能性があります。この多汗症の原因にはいろいろなものが考えられていますが、精神的なストレスが最も有力です。たとえば、人前でプレゼンテーションをするようなときに緊張するあまり手に汗がよく出ます。これは日常生活ではよく見られる症状です。しかしながら、そうした緊張感のないリラックスしたときであっても大量に汗が出る人もいます。たとえば、朝起きたときに大量の汗をかいたりする場合がそれです。この場合は精神的なストレスは関係ないように思われますが、そうではありません。精神的な問題を抱えこむことで、それが直接関係ない場面でも発汗として現れているのです。このように、多汗症の原因には精神的なストレスが大きく関わっています。

多汗症にはいろいろな種類があります。その中でも掌に大量の汗をかくような人は手掌多汗症です。多汗症の中でもその割合を多く占めるのがこの症状です。この治療方法にはETS手術があります。手掌多汗症の直接的な原因は交感神経が関係しています。胸にある交感神経が脳から指令を受けて手のひらに汗を分泌させるのです。そのため、治療方法としてはその交感神経を切断することが根本的な解決になります。その手術がETS手術です。これまでは胸部交感神経ブロックという手術が行われていましたが、これは再発の可能性もある手術でした。しかしながら、ETS手術の登場によって治療の確実性が高くなりました。現在においてはこの手術が主流になっています。